英国軍選抜ラクビーチームということで「靖国神社」参拝も納得です。 先の大戦では敵国だったのにこの敬意、さすがは紳士の国、それに比べてアノ国ときたら…

【関連】---
河野太郎外相「日本の戦後処理について、できるだけ分かりやすく説明してみた」
【韓国】旭日旗Tシャツでショーン・レノンに嫌がらせ!ナチ呼ばわり

軍人ラグビー開幕! 自衛隊選抜が参戦する「国際防衛ラグビー競技会」とは?

ラグビー日本代表が日本初開催のワールドカップ(9月20日~11月2日)を戦う前に、「もう1つのワールドカップ」が幕を開ける。各国の軍隊チームが参加する「国際防衛ラグビー競技会」が9日に開会し、11日から競技を行う。日本からは(「軍」ではないが)自衛隊選抜チームが参戦。ラグビー日本代表より一足先に国際大会を戦う。

大会は、英語で「International Defence RUGBY Competition(IDRC)」という名称を持ち、競技を通じた各国軍間の相互理解や交流を目的として行われている。2011年のラグビーワールドカップニュージーランド大会に合わせて、ニュージーランド、オーストラリアの共催で行われたのがきっかけ。以降は4年に1度行われるラグビーワールドカップに合わせ、同じ国で開催されている。日本は、第1回大会に招待されていたが、同年に東日本大震災に見舞われていたため、隊員が救出・復旧活動に従事していたため出場を辞退。2015年に英国で開催された第2回大会が初参加で、今回が2度目の出場となる。第1回は、英国陸軍が優勝。第2回は、フィジー共和国軍が優勝している。

今大会は、10チーム参加のトーナメント戦。日本のほかに、オーストラリア、フィジー、フランス、ジョージア、ニュージーランド、パプアニューギニア、韓国、トンガ、英国が参加。最終日の9月23日は、柏の葉公園総合競技場で3位決定戦と決勝戦を行う。英国は、これまで陸海空それぞれのチームが参加していたが、今回は各軍から選抜された選手でチームを構成。王座奪還を狙っている。

>>> headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク