さらに怖いのは、この監視システムを推進する中国共産党の背後に国際金融資本や国際IT企業がいることです。 中国以外の国でも民間から導入されて知らないうちに監視されてましたってことに…

【関連】---
【動画】台湾、道路設置の「中国製監視カメラ」を撤去へ!情報漏えいの懸念
【動画】中国、超監視社会!顔認識では物足りず「歩行姿態識別システム」登場

>>> 世界に広がる中国モデルの監視システム あなたも監視されている?

世界に広がる中国モデルの監視システム あなたも監視されている?

監視カメラ設置台数の最も多い都市世界ランキングのトップ10に中国の8都市がランク入りしました。中国政府は現在、5Gパトロールロボットを使って、街を歩く人々の一挙手一投足を監視しており、さらに中国当局が推進している社会信用システムの魔の手は外国企業にも伸びています。中国は「一帯一路」を提唱することで、中国の情報通信産業を海外に輸出して中国式監視モデルを世界に普及させようとしているとの研究報告もあります。

現在、中国の各都市には無数の顔識別装置が設置されていますが、このほど上海に5Gパトロールロボットが導入されました。

官製メディアの人民日報は、パトロールロボットにはズーム高画質カメラや赤外線サーモグラフィー、広角高画質カメラなどが装備され、360°完全サーチが可能であるほか、顔認証機能も備えており、撮影された画像は即時警察に伝送されると報じています。つまり、上海の民衆は「ビッグブラザー」にいつでも付き添われているため、自身の一挙手一投足に注意を払う必要があると言えます。

中国には現在、約2億台の監視カメラが設置されていることが分かっており、2022年にはさらに213%増加して6億2600万台に達すると予想されています。現在の人口比率に照らして計算すると、およそ二人に一台の割合で監視カメラが設置されることになります。北京在住の時事・政治ウォッチャーの華頗(かは)さんは、中国当局の体制は政治に不満を抱く人たちを犯罪者とみなしていると指摘します。

>>> youtube.com