法相就任から35日目で電撃辞任、と思ったら、その20分後にはソウル大に復職申請。 この人は反省など皆無です。当然、ソウル大では学生たちによる復職反対運動が…

【関連】---
【韓国】ムン大統領&チョ・グク法相の退陣を求めるデモ=500万人参加…!?
【韓国】ムン大統領の最側近、疑惑のタマネギ男チョ・グク、今度は年齢詐称疑惑


>>> youtube.com

チョ・グク氏がソウル大復職、辞表受理20分後にファクスで申請

14日午後6時、ソウル大法学専門大学院の事務室には、職員が退勤するころに1通のファクスが届いた。チョ・グク前法務部長官の復職申請書類だった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領がチョ長官の職を免じる書類に署名してから約20分後のことだった。開校記念日で休日だった15日午前11時ごろ、ソウル大はチョ氏の復職申請を電子決裁した。チョ氏は長官職からの辞意を表明してから24時間もたたないうちに、元のソウル大教授への復職手続きを終えたことになる。

復職手続きは形式的なものにすぎない。ソウル大法学専門大学院は「休職期間中にその事由がなくなった場合、30日以内に任命権者などに申告しなければならず、任命権者は遅滞なく復職を命じなければならない」と規定している。しかし、長官の復職申請書類の提出時期とは関係なく、ソウル大はチョ氏が長官を辞任した翌日からソウル大教授として在職していると見なし、給与を支払う。チョ氏の10月分の給与も平常通りに支払われる。今学期は講義や研究活動を行わないが、17日にはチョ氏の通帳に10月15?31日の在職分として、月給約400万ウォン(約37万円)が入金される。

>>> news.livedoor.com