YouTubeでは高評価が低評価よりやや多いです。 他国(日本)の首相に対してもっと酷いことをやりたい放題やってるのですからこれくらいどうってことないでしょう…

【関連】---
【韓国】誰が大統領?ムン・ジェインの前を堂々と歩いて手を振るムン夫人が話題に
【韓国】文大統領の国政運営についてのアンケ結果の円グラフ、なんかおかしい…


>>> youtube.com

裸になった文大統領、手錠を掛けられたチョ・グク…アニメでバカにした自由韓国党

28日、自由韓国党の「オルンソリの家族」製作発表会のアニメーションで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は裸のままで登場して、与党を怒らせた。

「裸になった王様」編として製作されたオルンソリ(「正しい声」を意味する自由韓国党の公式YouTubeチャンネル)の動画で、文大統領は奸臣の言葉に騙され、安保ジャケット、経済ズボン、人事ネクタイを着たと勘違いして裸になった姿で戯画化された。特に人事ネクタイを説明する場面で、チョ・グク前法務部長官はパトカーの前で手錠を掛けられた姿で登場する。文大統領のキャラクターは、「ただでさえ素敵なチョ長官が、ブレスレットを着けるからもっと素敵だね」と、チョ前長官に直接言及したりした。

文大統領は即位式で裸になったまま、「楽しく国を滅ぼしたら、ついに狂ってしまったな」、「国がいくら難しくても、服を着ることができないバカを王様にしておくことはできないでしょう。いっそ勤勉に働く我が家の牛の方がましだ」などの嘲弄を受ける。アニメーションの終わりは、お爺さんが孫に「まさに絶えない災い! ムン、災(ジェ)、害(アン)!なのだよ」とエピソードを紹介して終りになる。

自由韓国党はこの日、国会議員会館でオルンソリの家族製作発表会を開き、キャラクター7種類を公開して、人形劇とアニメーションを披露した。ファン・ギョアン代表は、動画の視聴が終わった後に祝辞で、「私たちの政党の歴史において、党のレベルで家族キャラクターを作り、国民に対して身近に近付こうとする試みは、多分初めてだろう」と話し、「私たちの党が良い政策を上手に作っていても、あまりに固くて面白くなく、知ってもらえることができなかった側面がある。オルンソリの家族が作っていく面白い話に、国民の皆さんも大いなる関心を示してほしい」と明らかにした。製作発表会では、マグカップや帽子、トートバッグ、タオル、ノート、Tシャツなどのキャラクターグッズを販売したりした。

共に民主党は「誰もが怒り狂う内容」と直ちに批判した。イ・ヘシク民主党スポークスマンは、「自由韓国党が公開した動画は、衝撃を禁じられない内容に満ちている。文在寅大統領に対する嘲弄と非難が我慢の限界を感じさせる」として「誰もが怒り狂うする内容を素材にアニメーション動画を作り、果たして誰に見せるということなのか、閉口するばかりだ。児童を対象にした教育用なら児童に対する人格侵害で、国民を対象にした政治教材なら国民への冒とくだ」と話した。

大統領府も不快感を示した。高位関係者は、「相手をこき下ろすことで自分を高めようとすることが、大韓民国の国格を高めることなのか、大韓民国と国民に似合う政治の姿なのか(疑問だ)」として、「国民に政治の希望を見せるための絶え間ない努力と省察がより優先されなければならないのではないか」と語った。

>>> headlines.yahoo.co.jp