ニュースが発表された後、中国のオンラインコミュニティではパニックが起こったようです。 ちなみに、内モンゴルでは5月にもペストが発生して死亡者が出たようです…

【関連】---
【中国】不正ワクチンだらけで、中国人200万人がワクチン接種のため香港に殺到
【中国】自分の臭~い靴下を毎日嗅ぎ続けた男、肺に感染症を起こし緊急入院

>>> 北京驚現黑死病 民眾籲公開鼠疫信息

>>> youtube.com

北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も

中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。

当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けている。当局はまた、すでに「予防・管理措置が取られている」と説明した。

北京市の人口は2100万人を超える。AFPは市当局にコメントを求めたが、回答はなかった。ただし世界保健機関(WHO)は、中国の当局から肺ペスト発生の報告があったことを確認している。

肺ペストは一般的な腺ペストよりも危険性が高い。WHOによると、「ペストの中で最も悪性の形態」で、患者は24~72時間で死に至る可能性がある。また、極めて感染力が強く、「人から人へ飛沫(ひまつ)感染し、深刻な流行を引き起こす可能性がある」という。症状としては、発熱、悪寒、嘔吐(おうと)、吐き気などが見られる。

>>> news.livedoor.com