これだけ偽造、捏造すれば、もうあといくつやっても同じって感じで次から次にってことでしょうか。 しかし、タイム誌の表紙まで捏造するのですからまともな精神構造とは思えません…

【関連】---
【韓国】ムン大統領の最側近、疑惑のタマネギ男チョ・グク氏、今度は年齢詐称疑惑
【韓国】 中央日報「韓国の長寿ブランド『ヤクルト』500億本売れた国民的発酵乳」

>>> Senior Trump Official Also Created A Fake Time Cover

>>> youtube.com

「韓国系の神話」ミナ・チャン氏、学歴偽造疑惑…米国務省、突然指名撤回

米国務省高位職に上がった30代韓国系女性が経歴と学歴を偽造したという疑惑が提起された。タイムズ誌の表紙モデルだったというのもねつ造されたことが確認された。ミナ・チャン米国務省紛争安定化担当副次官補の話だ。

チャン氏は1月、ドナルド・トランプ米大統領が直接指名して話題になった。テキサス出身在米同胞2世で30代半ばの早い年齢で国際援助機関である国際開発局の部署長に指名されたからだ。この部署では予算が600万ドル(約6憶5000万円)に達し、チャン氏の年俸も1億ウォン(約930万円)を超える。しかし、8カ月が過ぎた9月、指名が突然撤回された。

このようなチャン氏の指名撤回は彼女の虚偽経歴と関係があると米MSNBC放送が13日、報じた。承認手続きを担当する上院外交委員会が経歴を証明する追加資料を求めた後、公開的な釈明なしに突然指名を撤回したということだ。

報道によれば、チャン氏はハーバード大学経営大学院同窓だと明らかにしたが、2016年7週間の短期教育を修了したのが全部。また、4日国家安保セミナーに参加して陸軍大学院を卒業したと主張したことが分かった。米国務省のホームページに掲載された無人航空機専門家という履歴も偽りという。学士学位は略歴で明らかにしなかったが、彼女のLinkedIn(リンクトイン)のアカウントにはキリスト教の非認可大学である「ユニバーシティー・オブ・ザ・ネイションズ」の出身となっている。

チャン氏は2017年自身が運営していた非営利機関「リンキン・ザ・ワールド」のウェブサイトに掲載した動画で自身の顔が表紙を飾ったタイムズ誌を紹介した。チャン氏は「わが団体がドローン技術を災難対応に使い始めたのがタイム誌の注目を集めたようだ」という説明も添えた。しかし、タイムズ誌の報道官は「(表紙写真は)本物ではない」と確認した。記事が出るとリンキン・ザ・ワールド側はウェブサイトで該当動画を削除した。

チャン氏は民主党と共和党全党大会で演説したと主張したが、これも事実ではないことが分かった。国務省とチャン氏は疑惑に対してこれといった立場を出していないと放送は伝えた。

チャン氏はインスタグラムのアカウントにビル・クリントン元大統領、デービッド・ペトレアス元中央情報局(CIA)局長、バブ・ゲイツ元国防部長官などワシントン政界の著名な人物たちと撮影した「セルフィ(自撮り)」を掲示した。チャン氏のインスタグラムのフォロワーは4万2000人余りだ。

>>> headlines.yahoo.co.jp