あの反日のソ・ギョンドク教授もインスタで「日本の右派とメディアが笑っているぞ、プライドだけは守って欲しい」と嘆いています。ちょっといい気味です…

【関連】---
【韓国】チョ・グク前法相、今度は息子が着ている服が「ユニクロでは?」と炎上
【動画】中国、ユニクロでTシャツ争奪で大荒れ!シャッター壊す!マネキン壊す

【韓国】日本製品不買はどこへ?「ユニクロ」の無料配布イベントに長蛇の列で大盛況-2
【韓国】日本製品不買はどこへ?「ユニクロ」の無料配布イベントに長蛇の列で大盛況-3
【韓国】日本製品不買はどこへ?「ユニクロ」の無料配布イベントに長蛇の列で大盛況-4

日本製品不買運動はどこへ?「ヒートテック無料」に韓国人が長蛇の列

2019年11月18日、韓国・マネートゥデイは、韓国内の主要なユニクロの店舗でこの週末に行われたあるイベントが大盛況となり、「不買運動の痕跡は見当たらなかった」と伝えた。

記事によると、ユニクロは21日まで「冬の感謝祭」を開催しており、商品を購入した客に人気商品「ヒートテック」を合計10万枚、無料で贈呈するイベントを行っている。各店舗の1日当たりの贈呈数を決め先着で提供するそうで、週末の16~17日には大勢の買い物客が訪れ、1時間でその日の枚数が終了した店舗もあったという。同店舗では、7万ウォン(約6500円)以上の購入者にタンブラーを提供するというイベントも午後4時には終了。ソウル市内と首都圏の店舗も客でにぎわい、日曜日にはレジに長い列ができたという。

韓国では夏から日本製品不買運動が展開されている。さらにユニクロのCMが「慰安婦問題を想起させる」として物議を醸していた。記事は「問題発生以来で最も多くの客が訪れたとの声も上がっている」と伝えている。

ユニクロ関係者は「実際に顧客数が増えたのか、売り上げ回復につながったか」との質問に対し「グローバル本社の方針から、具体的な実績は公開できない」とコメントしている。今回の感謝祭は「韓国進出15年ということもあり、過去最大規模のイベントだった」という。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「肌着1枚のために国を売った」「無料の肌着と国のプライドを引き換えにするなんて。ユニクロに行った人たちの人生の価値は、肌着1枚の水準ということだぞ」「情けない。韓国人はこんなものなのか」「安倍首相が笑みを浮かべてるだろうな」「日本の悪口を言いながら、日本の物を無料でくれると言われたらもらうのか」「無料には弱いんだな。恥ずかしい」「土曜日にショッピングに出かけて、ユニクロが大盛況なのを見て驚いた。不買運動を強要はしないが、ユニクロの服を必死で選んでいる人たちを見てため息が出たよ」など、失望と怒りの混じったコメントが殺到している。

また「いまだに日本製品を買い、日本車に乗る人たちはいる。でも自分はまだまだ不買運動を続ける」「日本ボイコットよ永遠に」など、不買運動継続を呼び掛ける声も上がっている。

>>> news.infoseek.co.jp