東京新聞のアノ記者を始め揚げ足取り、嫌がらせ質問ばかりでストレス溜まっているであろう菅官房長官。 久しぶりに笑った顔を見ました。しかし、いい加減「桜を見る会」以外の日本にとって本当に大事と思われる質問をしてください…

【関連】---
共同通信「安倍首相、国連演説を断られる」菅官房長官「そのような事実は全くない」
東京新聞・望月記者に菅官房長官キレる「私がそんなこと何時どこで言ったんですか」

菅長官 「今年の漢字」「令」か「和」を予想、「桜を見る会」めぐり思わず本音が・・・

新元号「令和」を発表したことで「令和おじさん」として一躍知名度があがった菅官房長官。12日午後の記者会見では、「今年の漢字」にちなんでこんなやりとりがありました。

今年の漢字に「令和」の「令」が選ばれたことについて、元号の発表者・菅官房長官は・・・

「確かに今年は私自身、歴史的な巡り合わせの元号発表に携わることができたと思う」(菅義偉官房長官)

こう感想を述べ、菅長官も「令」か「和」が選ばれると思っていたと述べました。ただ、次の記者から質問されたのは「桜を見る会」にまつわるものでした。

Q.最近は会見でも国会でも「桜を見る会」ばかり聞かれているが「桜」という漢字については
 「聞きたくもないです。見たくもないと言うんですか、見たくも聞きたくもない」(菅義偉官房長官)

連日、苦しい答弁が続くなか、思わず本音がこぼれたようです。

>>> headlines.yahoo.co.jp