とにかく習近平さんを批判したりすると大変なことになります。監禁されてそのまま帰って来なかったり、 釈放されても人格が変わってしまったり、とホント恐ろしいです。この人を日本国の国賓として招くのですから…

【関連】---
【中国】街頭で「習近平、李克強辞任要求」活動をした男、逮捕され監獄で死亡
【中国】習近平を批判した名門大学の教授、停職処分になり、さらに捜査対象になる

>>> 習近平の「顔」に墨をかけた女性 1年後別人になって釈放

>>> youtube.com

習近平の「顔」に墨をかけた女性 1年後別人になって釈放

2018年7月4日、上海で習近平主席の宣伝ポスターに墨をかけて話題になった董瑤瓊さんが、その後当局によって精神病院に入れられましたが、1年以上経って釈放されました。しかし、様子がすっかり変わり、別人のようになってしまいました。

中国の人権情報を伝えるウェブサイト「維権網」が1月2日、習近平の宣伝写真に墨をかけた董瑤瓊(とう・ようけい)さんが昨年11月19日に釈放されたと伝えました。

しかし、父親に会っても言葉を発することもなく、精神状態が不安定でぼーっとしていて、すっかり様子が変わっていました。父親の董建彪さんは娘が精神病院で精神薬物を投与されたのではないかと疑っています。病院で何があったのかと聞いても「うんうん」としか答えないとのことです。

湖南省の人権活動家、郭さんによると、董瑤瓊さんは湖南省株洲市(しゅしゅうし)第三病院に1年以上監禁され、釈放後は湖南省の実家で母親と暮らしています。

>>> youtube.com