まったくどの口が…って感じですが、中国はそれほど自分たちの思い通り行かなくて悔しかったのでしょう。 今後、台湾に対して猛烈な嫌がらせをしてくるでしょうから、安倍さんとトランプさんで蔡英文さんを支えてほしいです…

【関連】---
【動画】台湾、蔡英文総統、投票日前日の選挙演説が感動的と話題!(日本語字幕版)
【台湾】蔡英文総統、総統選勝利後、速攻日本語でツイート「民主主義の勝利です。」

台湾総統選で蔡英文氏が圧勝 中国国営メディア「汚い小細工」「まぐれ」

11日の台湾総統選で与党・民主進歩党の蔡英文総統が圧勝したことを受けて、中国国営新華社通信は12日、蔡氏が不正行為などの「汚い小細工」を用いたと批判した。

共産党の一党独裁を強める中国に対して、自らを台湾の自由主義的な価値観の擁護者としてアピールしてきた蔡氏は、過去最多得票で再選を果たした。中国は台湾の孤立化を図ったが、強い反発を招く形になった。

新華社は英語版の論説で、「これはどう見ても正常な選挙ではない」と述べ、蔡氏と民進党が「不正行為や抑圧、脅迫などの汚い小細工を用いて得票し、身勝手で強欲、邪悪な本性を完全に露呈した」と付け加えた。11日には中国語版の論説でも、蔡氏が票の買収を行ったと非難し、圧勝には「外部の闇の勢力」が一役買っていると主張した。

台湾統一に向けて武力行使も辞さないと公言している中国政府は、台湾を中国の一部とする「一つの中国」の原則を受け入れない蔡氏を嫌悪している。

中国は過去4年間、経済・軍事・外交面で台湾への圧力を強め、有権者の不安をあおることで、蔡氏と反対の立場を取る野党の支持を高めようと図ってきた。しかしこうした強硬策が裏目に出て、蔡氏の民進党は支持を拡大した。

反政府抗議デモが何か月も続き、一部が過激化している香港情勢も追い風になった。中国は台湾との統一にあたって香港と同じ「一国二制度」を適用する可能性を示唆しており、台湾の有権者の間で警戒感が高まっている。

共産党機関紙系の環球時報は昨年末、蔡氏と民進党が「いわゆる中国本土からの脅威をいたずらにあおり」、対立候補で対中融和派の最大野党・国民党の韓国瑜氏の本土とのつながりを「中傷した」と報じていた。

また、中国国営メディアは台湾総統選の結果について、台湾と中国本土の長期的なつながりにおける「例外」と一蹴。新華社は蔡氏の勝利を「まぐれ」と評した。

環球時報は論説で、「中国本土が徐々に力を増す一方、台湾島が徐々に力を弱めているのは避けられない現実だ」「この現実を認めてそれに従うことが、台湾の平和的発展にふさわしい唯一の選択肢だ」と述べた。

>>> news.livedoor.com