タケヤ式自在置物に「風の谷のナウシカ」より翅蟲(ハムシ)「大王ヤンマ」が登場。『スタジオジブリ』全面監修のもと造形作家・竹谷隆之が中心となってアクションフィギュアとして立体化。
内部に仕込まれた独自の可動ジョイントにより外殻が独立して可動する事で全身を捻りながら飛行する姿を再現する事が出来ます。 透明パーツでリアルに再現された羽も可動。頭部のアゴの開閉や本に及ぶ足も可動します…

【関連】---
「風の谷のナウシカ」より、王蟲 が究極造形のアクションフィギュアになった
「ナウシカ」の空飛ぶムカデのような蟲「ヘビケラ」の可動フィギュアが登場

>>> Source : タケヤ式自在置物 風の谷のナウシカ 大王ヤンマ [千値練]