「コロナビール」販売会社からすればとんだ風評被害ですが、これだけ新型コロナウイルスの感染が拡大すれば仕方ないかもしれません。今の状況では自分も心情的に「コロナビール」はちょっと飲めません…

【関連】---
【NHK】公式サイト新型コロナ特集で台湾を中国と併記! 台湾外交部「不当な表記」
【動画】新型コロナウイルスと他のウイルスの感染力の比較グラフを動画化してみた

コロナビール「今は買わない」38%、ウイルス流行で 米調査

新型コロナウイルスの流行が続く中、ウイルスとビールの「コロナ(Corona)」をかけるのはセンスの悪いジョークだ。しかし、コロナビールにとってはジョークでは済まされないかもしれない。

世論調査で、ビールを飲む米国人のうち「現在はいかなる状況下でもコロナビールを買わない」と回答した人が38%に上った。これを受けてツイッター(Twitter)では28日、「38% of Americans」がトレンド入りした。

世論調査は広告代理店「5W Public Relations」が米国のビール愛飲家737人を対象に実施。同社の創業者で最高経営責任者(CEO)のロン・トロシアン(Ronn Torossian)氏は「コロナウイルスが原因でコロナビールが苦戦しているのは間違いない」と述べた。

トロシアン氏は「コロナビール側は、新型ウイルスとビール会社は関係がないと消費者は分かっていると主張しているが、コロナのブランドにとっては最悪の事態だ」と指摘。「世界中の人々の命を奪っているウイルスとつながりを持ちたいブランドなどあるはずもない」と述べた。

英調査会社ユーガブ(YouGov)も、インターネット検索で「コロナ ビール ウイルス」など、コロナビールの評判を傷つけるような言葉が増加しているとの調査結果を発表している。

メキシコ生まれのコロナビールは、酒類販売大手コンステレーション・ブランズ(Constellation Brands)が販売している。

>>> news.infoseek.co.jp