食料、医療品などの生活必需品の救援物資はやはり市民には届いてないようです。 救援物資は食料は廃棄され、医療品は横流しされ、市民は国営企業の高価で質の悪いモノを買わされているのでしょう…

【関連】---
【中国】ネットで共同購入した4000枚のマスク、武漢への「救援物資」だった
【中国】武漢で当局が救援野菜を廃棄!国営企業の高価格野菜が売れなくなるため

>>> 武漢の隔離措置さらに厳格化 生活必需品は週一回グループ購入のみ

武漢の隔離措置さらに厳格化 生活必需品は週一回グループ購入のみ

武漢 市では2月25日からさらに厳格な隔離措置が適用されるようになりました。すべての居住区住民は生活必需品のグループ購入が義務付けられ、さらに一部の居住区では一週間に一度しか買い物ができません。住民の多くはグループ購入対象製品の価格と品質に不満を抱き、ある住民は高額の豚肉に虫がわいていたと指摘しています。

ネットユーザーの投稿によると、武展と後官湖などを含む武漢市の一部居住区の住民はすでに地域の共産党委員会の通告を受けています。通告には「居住区が封鎖管理されてから住民が自発的に各種ルートを講じて生鮮食品や飲料、生活用品を購入し、頻繁に一階まで荷物の受け取りに出ることで、ウイルス感染のリスクを大幅に高めている」ため、「住民の基本的ニーズを解決する手段としてはグループ購入しか許可しない。グループ購入できるのはコメ、油、穀物、野菜、果物、調味料、薬、ベビー・マタニティ用品など。グループ購入は週に一度行い、居住区とボランティアがグループを結成して業者と住民の橋渡しをすることを決定した」と記されています。

一方、多くの住民がグループ購入対象品の価格と品質に不満を感じています。ある住民は「これは中百スーパーでグループ購入した野菜だが、キュウリは中が空洞だし、白菜は腐っている。豚肉には虫がわいていて、気持ちが悪い」と投稿しています。武昌区のある住民も「230元も払った豚肉に虫がわいていた」と怒りをあらわにしています。

>>> youtube.com