さすがに数字に強いインドは、135億ドル(約1,5兆円)という数字をきっちりと出すあたり、 この数字を達成するための算段はついているのでしょう。さて、中国にとってこの数字がどれくらい痛いのか、今後の展開が楽しみです…

【関連】---
【インド】中国製品ボイコット運動、中国製品の代替品をリスト化してみた
【インド】中国製品不買!2階からTV落とし破壊!中国「中国の反日デモと同じだ」

>>> 全インド商業連盟が中国製品ボイコット/インド政府 国境地帯での銃使用許可

全インド商業連盟が中国製品ボイコット

中印国境紛争で20人のインド兵が犠牲になったことは、国民の怒りを招き、中国共産党への反発が全国に広がっています。6月22日、インドの経済界は中国製品に対するボイコット運動を開始しました。

6月22日、全インド商業連盟(The Confederation of All India Traders、CAIT)は首都ニューデリーで中国製品をボイコットする抗議活動を開始しました。

全インド商業連盟秘書長 プラヴェン・カンデルワル氏 「ラダック地方の国境地帯で、中国(共)はインド兵士に対し行った野蛮な行為は我々の国家を怒らせた。全国の商人は中国製品のボイコットを決めた。2021年12月31日までに、中国製品の輸入を135億ドル分減らす」

4,000の貿易協会と7,000万人のインドの商人を代表する全インド商業連盟はインド政府に、中国製品のボイコットを支持し、中国企業と結んだ政府の契約を解除するよう求めています。

中国はインドの主要貿易相手国の一つでありますが、インドの対中国貿易赤字は2019年度には約535億ドルとなっています。

>>> youtube.com