『トップガン続編』予告編でマーべリックのジャケットの背中にあるはずの日本と台湾の国旗が削除されてしまったシーンはほんとショックでした。 マスコミ、テレビ、映画、もうすべてが中国に牛耳られてしまって、いったいこの先どうなることやら…

【関連】---
【米国】映画「トップガン」続編から日本と台湾の国旗が消える!中国に配慮か?
【動画】カナダ制作、中国の人体◯◯の闇を明かす短編映画「再会」が怖すぎる

>>> 中国によるハリウッド映画の検閲を廃止させる法案

>>> youtube.com

中国によるハリウッド映画の検閲を廃止させる法案

ハリウッド映画への北京の検閲を止めるため、5月下旬、テッド・クルーズ上院議員が法案を提出しました。この法案が可決されれば、中国の検閲を受けると連邦政府によるハリウッドスタジオへの援助が打ち切られます。

【テッド・クルーズ上院議員/テキサス】
「大手ハリウッド映画制作会社にとって、ジェット機や戦車を利用したり、米軍基地や空母で撮影するため、国防総省と契約を締結するのは一般的な事です。スクリプト法はハリウッドへの警告であるべきです。制作会社は連邦政府からの支援を取るか、中国からの出資を取るかの選択を迫られます」

2019年中国の映画市場は、米国に次ぐ世界2位で90億ドル以上を売上げました。ハリウッドの上位25本の映画において、世界の興行収入の10%以上を中国が占めています。ハリウッドは米国のポップカルチャーの重要は部分で、かつてアメリカンドリームの代名詞でした。しかし今では、収益性の高い中国市場と引き換えに、ますます北京の検閲に応じています。

【マイク・ペンス/米副大統領】
「北京の検閲はどんな些細なことでも、中国を批判した映画はすぐに編集又は非合法化します。『WORLD WAR Z』では、ウイルスに言及した台本をカットする必要がありました。中国を発生源としていた為です。映画『Red Dawn』は悪役を中国人ではなく、北朝鮮人にするためにデジタル編集されました」

同様の編集が2016年、マーベルコミック原作のスーパーヒーロー映画「ドクター・ストレンジ」でもありました。古代のものとして知られているチベット族のキャラクターを中国当局の気分を害さぬようケルト人に変更しました。

【テッド・クルーズ上院議員/テキサス】
「年末に公開予定の『トップガン』続編では、中国共産党をなだめるためにマーべリックのジャケットの背中にある、台湾と日本の国旗が取外されました。考えてみてください。何のメッセージが送られたのか。アメリカの象徴であるマーベリックが中国共産主義者を恐れているのです。馬鹿げています」

中国政府が一年に公開を許す映画はわずか約40本です。多くの制作会社が自分たちの作品を中国の7万の映画館で上映するために中国をなだめ、検閲を受け入れます。

>>> youtube.com