今度はペストです。しかし、次から次に…、中国はいったいどうなっているのでしょう。 ペストは昨年の後半にも発生しており、その直後に新型コロナ感染拡大でペストがどうなったか分からなくなったのですが、また発生しました…

【関連】---
【動画】中国、「政府はペスト患者の数をごまかしている!」 ― 北京市民が証言
【中国】北京で「肺ペスト(黒死病)」が発生!内モンゴル自治区出身の2人が感染

>>> 内モンゴルで再度腺ペストが発生

内モンゴルで再度腺ペストが発生

中国本土では中共ウイルスとアフリカ豚コレラがいまだ猛威を振るっていますが、内モンゴルで最近、再度腺ペストが発生しています。7月5日、内モンゴル自治区のバヤンノール市で「腺ペスト」の症例が確認されました。 地元住民によると、政府はペスト対策をしていないとのことです。

内モンゴル自治区バヤンノール市衛生健康委員会によると、7月5日、ウラド中旗人民病院で治療を受けていた地元の牧畜民が専門家チームによって「腺ペスト」であると診断されました。この患者は発症前にペストが発生しやすい地域で活動していました。

現地政府が出した通告によると、現在、市内ではペストのヒトヒト感染の危険性があるとしています。7月5日、当局は4段階で上から2番目に高いレベル3の警戒警報を市内全域に出し、2020年末まで続くとしています。

>>> >>> youtube.com