米国と台湾はグアムに領事館を再開設したり、リムパックに台湾を招待する提言が出たりと急接近していたのですが、 ついに閣僚が台湾訪問です。その反応によってはトランプ大統領は支持率が上がりそうなら蔡英文総統との会談も狙ってるのかもしれません…

【関連】---
【台湾】米上院が可決した国防権限法「台湾をリムパックに招待するべき」と提言
【台湾】グアムに事実上の領事館=弁事処を再開設へ!米国と協議し合意

>>> 入境不需隔離14天 美衛生部長將訪台拜會小英

>>> youtube.com

米厚生長官、台湾訪問へ 蔡総統と会談予定

米国は5日、この数十年で「最高位」の高官となるアレックス・アザー厚生長官が、台湾を訪問すると発表した。米中関係が歴史的に悪化する中、中国の反発を招くのは必至だ。一方、台湾外交部は同日これを認め、同氏が蔡英文総統と会談する予定だと明らかにした。

台北にある米国在台湾協会(AIT)は、アザー氏率いる代表団が台湾を訪問すると述べた。閣僚による台湾訪問は6年ぶりで、1979年以来最高位の高官になるという。

台湾外交部によるとアザー氏は蔡氏の他、外交部長(外相に相当)および保健相とも会談の予定。

米国と台湾は1979年の米中国交樹立以来、外交関係を断っている。米国は今も台湾にとって最大の武器輸入国であるが、公式なやり取りについては慎重な姿勢を保ってきた。

米国はドナルド・トランプ政権発足後、米中関係が悪化する中、中国に対抗するため台湾との距離を縮めており、米国と台湾の関係は大きく変化している。

>>> headlines.yahoo.co.jp