メディアの反トランプ報道はあまりに異常すぎて気持ち悪すぎです。これは日本のメデイアもです。 もっとも中立であるべきNHKも露骨すぎるほどに反トランプです。メディアを何かしら巨大勢力が操っているとしか思えません…

【関連】---
【動画】米国、トランプ大統領の対バイデンのネガキャン選挙CMが怖すぎる
【動画】米国、大統領選民主党候補バイデン前副大統領の身の毛もよだつアレな動画

20200823-6

米放送局、トランプ氏のネガティブな報道はバイデン氏の150倍

調査によると、アメリカの夕方のニュースはドナルド・トランプ大統領に対する否定的な報道を大量に流す一方で、民主党大統領候補のジョー・バイデン氏を事実上無視していることが明らかになった。

監視機関「メディア・リサーチ・センター」のプロジェクトである「ニュースバスターズ」は6月1日~7月31日までのABC、CBS、NBCによる夕方のニュースを分析した。その結果、トランプ氏に関する報道時間は512分で、バイデン氏の58分の9倍だった。

しかし、トランプ氏に関する報道はほとんどがネガティブなものだった。

同センターの分析によると、大統領に対する評価的陳述の668件のうち634件が否定的で、これに対してバイデン氏は12件のうち4件が否定的だった。

同センターの研究責任者リッチ・ノイエス氏は大紀元に対し、「これは、メディアが審判の役を担うのに飽きて、プレーヤーになろうとしていることを示している」と述べた。

「メディアは、ジョー・バイデン氏に任せるより、自らがドナルド・トランプ氏の反対者になることを選んでいる」

この調査結果について、ABCニュース、NBCニュース、CBSニュースにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

トランプ陣営の副報道官であるCourtney Parella氏は大紀元への電子メールで、「研究をしなくても、私たちはこの事をすでに知っています。主流メディアは公然とトランプ大統領に偏見を持っており、アメリカ国民がそれを見抜けないと思っているのなら、自らを欺いていることになります」と語った。

【詳細】>>> news.livedoor.com