台湾と断交、中国との国交樹立に関して、議員10名が中国から賄賂をもらっていたことも発覚していますし、 ソロモン諸島の国民は中国との国交樹立の裏に何があるかも知っています。住民投票の結果が楽しみです…

【関連】---
台湾と断交したソロモン諸島、議員10名が中国から数百万ドルの賄賂が発覚!
【台湾】中国がソマリランドに「台湾との交流やめろ」と圧力!でも、拒否される

20200904-4

ソロモン諸島で州が独立問う住民投票へ、中国との国交樹立に反発(ロイター)

南太平洋の島しょ国、ソロモン諸島が昨年決定した台湾との断交および中国との国交樹立に反発している同国マライタ州は、独立の是非を問う住民投票を実施すると発表した。

ただ、ガダルカナル島にある首都ホニアラの中央政府が住民投票の結果を尊重する可能性は低い。米国とつながりが深いマライタ州には全国の人口の約4分の1が居住している。

同州のスイダニ州長は1日夜に配布した声明で、中央政府は同州が外交関係の変更を認定していないことを承知で、中国を受け入れるよう圧力をかけ続けてきたと指摘。

「指導部が独裁的になりつつある国の一部であり続けることをマライタの人々が望んでいるかを確かめる時がきた」とした。

ソロモン諸島のソガバレ首相はこれまでのところ取材に回答していない。

>>> headlines.yahoo.co.jp