なぜ鳥類保護の国際組織がいちいち「台湾の中国からの独立を提唱、促進しないこと」を約束させる必要があるのでしょうか? 中国が圧力をかけたってことでしょう。こんな組織まで中国の手に落ちてしまっているわけです…

【関連】---
【台湾】WHO総会の招待状届かず、4年連続で参加不可に!WHOは中国の圧力に屈服
【台湾】また中国が圧力!国際天文学連合が公式webで台湾を「China Taipei」と表記

>>> 中華鳥會遭國際除名 外交部轟"陸干預"

>>> youtube.com

台湾の野鳥学会、国際NGOから「破門」 中国に忖度した文書への署名拒否

鳥類などの生態系保全に取り組む台湾の非政府組織(NGO)「中華民国野鳥学会」(中華鳥会)が、パートナーとして加盟する国際NGO「バードライフ・インターナショナル」(BLI、本部・英国)から、中国に忖度した文書への署名を求められ、応じなかったところ、一方的にパートナーシップを解消されたことが分かった。同会が15日、公式フェイスブックを通じて発表した。

同会によると、BLIが署名を要求した文書は、中華民国の合法性や台湾の中国からの独立などを提唱、促進しないことを約束するものだった。同会が署名を拒否すると、9月7日に開かれたBLI理事会で、同会が「リスク」問題を解決していないと見なされ、パートナー解除の決議がなされた。

同会には、今後、台湾の政府が全額、あるいは一部資金を出すいかなるイベントにも参加しないとのBLI側からの通達があり、中華民国の国旗やシンボルマーク、記号などが使われる文書や文献、報告書など一切のメディアにBLIの名称やロゴを使用することも禁止された。BLIは理由として、中華民国の「独立」と距離を置きながら、その政府から経済的な利益を得るのは「おかしいから」との見解を示しているという。

同会の呂翊維副秘書長は、同会の状況を各国のパートナーに知らせて今後の対応を協議するとしており、日本の団体と長期にわたって交流があるほか、欧米の団体との連絡も排除しないと説明。23日に改めて対応策を公表するとしている。

>>> news.livedoor.com