記事ではサイトは「中国語のみ」となっていますが、すでに各国語の翻訳ページもあるようです。 日本政府と外務省は即刻「へなちょこ遺憾砲」以外の有効な手立てを講じてください。ガツンとやってください…

【関連】---
河野防衛相「尖閣諸島のために武力の行使も辞さない」、米シンクタンク主催の講演会にて
自民・長島議員「日本の新聞は尖閣諸島の後に(中国名:釣魚島)と書く慣習をやめるべき」

中国が尖閣諸島の領有権を主張するサイトを開設「日本が盗んだ」

中国国家海洋局直属の「国家海洋情報センター」は3日、インターネット上に沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張するサイト「中国釣魚島デジタル博物館」を開設した。

現在は中国語のみだが、今後、日本語や英仏語などで中国政府の主張を伝えるとしており、領有権をめぐる国際的な宣伝を強化する狙いとみられる。

サイトでは、中国が領有権主張の根拠とする史料や地図などを紹介し、明治維新後に「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国名)を盗んだ」と主張。3D映像で尖閣諸島の地形も立体的に見られるようになっている。

>>> news.livedoor.com