独裁政権の元にもはや完璧なまでの悪のシステムが構築されてしまっていますから、個人でも組織でもどうにもならない状況なのでしょう。 習近平政権になってからは金持ちであっても安泰ではありませんから、この人もそれで逃げ出したのかもしれませんね…

【関連】---
【動画】中国、「なぜ中国の人々は中国共産党に対し立ち上がって戦わないのか?」
【中国】国民を徹底監視!人口のほぼ2倍の27億台という監視カメラを設置し国民を監視

>>> 中共元幹部 共産党に希望を失い渡米を決心

中共元幹部 共産党に希望を失い渡米を決心

中国共産党の統治のもと、中国社会では汚職腐敗と互いに告発し合う風潮が蔓延っています。中共の元幹部春申君(しゅん・しんくん)氏は、新唐人の取材に対し、中共が統治する中国では希望が見えず、政府部門の手厚い待遇を放棄して、単独で渡米しました。彼の話を聞いてみましょう。

かつて中国の市政府に20年以上勤務していた春申君氏は、職場で多くの不合理な現象を目にしてきたと述べました。例えば、市民が役所を訪れ事務的な手続きを申請することさえも、コネがなければなかなか前に進むことができません。

中国市政府の元幹部・春申君氏
「役所で事務的な手続きをしたい場合、直接関連部署に申請しに行くのではなく、その部署に知り合いがいないかをまず考える。事前にその人と食事をしたり、ギフトカードを送ったりして話を通す。それから、事務的な手続きを申請するのだ」

また、中共の統治の下、中国の一般庶民は政府に対し恐怖心を抱いており、政府に不満があっても、報復を恐れて本音を言うことができないと述べています。

>>> youtube.com