1960年代にアジアNO.1に躍り出てからずっと一人勝ち状態だった日本経済、一時は2位に10倍の差を付けてのダントツでした。 そして、その後の中国経済の成長の凄いこと、あっという間に抜かれて、今度は日本だけが沈むというなんとも切ない一人負け状態に…。 「動くグラフ」で見るとものすごくよく分かります…

【関連】---
【動画】世界の首都圏人口ランキング(1900-2050)を「動くグラフ」にしてみた!
【動画】世界GDPランキング、約400年間(1600~2019)の 「動くグラフ」がすごい!

>>> Asian Economic War

>>> youtube.com