中国の「一帯一路」導入で「債務のわな」にハマったハンガリーですが、やはり政権と中国が癒着してるようです。 しかし、自治体や市民は大反対で、ついに道路名改称で抗議、素晴らしい名前となりました。さて、中国はどうするか…

【関連】---
【ハンガリー】中国の「一帯一路」導入で多額の負債!採算取れるのは130~2400年後!
【動画】ポーランド、サッカーの試合で「共産主義は出て行け」の巨大な旗が登場!

>>> ‘Free Hong Kong’ Street Marks Budapest’s Row Over Chinese Campus

>>> youtube.com

「自由な香港通り」 ブダペスト市、道路改称で中国大学建設に抗議

ハンガリーの首都ブダペストで、中国の名門大学、復旦大学(Fudan University)のキャンパス建設計画が進んでいることを受け、カラーチョニ・ゲルゲイ市長は2日、抗議のために建設予定地周辺の道路名を「自由な香港通り」などに変更したと発表した。

道路の名はこのほか、「ウイグル(Uyghur)殉教者通り」、「ダライ・ラマ(Dalai Lama)通り」などに変更された。

キャンパス建設計画は、「東方開放(Eastern Opening)」と銘打った外交政策を進めるオルバン・ビクトル(Orban Viktor)政権が断行したもので、ゲルゲイ市長は「中国買収工作」だと批判してきた。流出した内部文書によると、建設費は推計15億ユーロ(約2000億円)で、中国はうち13億ユーロ(約1700億円)を拠出する予定だ。

地元行政区のバラニ・クリスティーナ区長と共に記者会見したカラーチョニ市長は、「われわれは今も計画中止を望んでいるが、計画が実現した場合には(大学側は)こうした名前に耐えなければならない」と表明。地元は「ハンガリーの納税者に犠牲を強いる」キャンパス建設に反対していると訴えた。

>>> afpbb.com