「陰謀説」と結論付けられたはずの「武漢研究所からのウイルス流出説」が急に再燃し、 さらに感染症研究所のファウチ所長の解任危機、この辺りの事を考えると何か大きな情報を米国が握ったように思えますけど、それと亡命者が関係あるのかもしれませんね…

【関連】---
ブラジル・ボルソナロ大統領「コロナは生物戦争の可能性がある、最もGDPを伸ばした国はどこだ」
【動画】米国、国家情報長官「中国が世界を支配するために、ウイルスを世界中に拡散させた」

>>> 中共史上最高位の高官が米国に亡命か

中共史上最高位の高官が米国に亡命か

米国メディアはこのほど、中共史上最高位の亡命者が米国防情報局に協力して、米国側に中共のバイオ兵器計画に関する情報などを明かしたと報じました。また、ブリンケン米国務長官は、バイデン政権がウイルスの起源を徹底的に調査する決心をしたと述べました。

米保守派メディアのレッド・ステート(RedState)は先日、メディア関係者の話を引用して、過去最高位の中国人亡命者が米国に到着し、すでに米国防情報局(DIA)に3か月にわたり協力して、米国側に中共の「特殊兵器計画」について明かしたと述べ、そこにはバイオ兵器計画も含まれていると報じました。

また米国陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)は国防情報局に対し、この亡命者から提供された情報は「非常に技術性の高い」ものであることを確認したとも報じられています。

さらに、国防情報局はこの亡命者を保護し、他の情報部門と情報を共有していません。国防情報局上層部は、FBIやCIAなどには中共のスパイが潜入していると考えているためです。

FOXニュースの司会者、タッカー・カールソン氏は、自身のウェブサイトでもこの報道に言及し、武漢の実験室からウイルスが漏れたという話により興味が湧いたと述べました。

>>> youtube.com