そこに点字ブロックがあるのに気付かないわけがないのですから、そして、そこにお立ち台を置くのですから、 立憲・枝野代表という人の優先順位がどういうものなのかがよく分かります。 口では弱者に寄り添ったまっとうな政治などと言っていますが、これが正体です…

【関連】---
立憲・枝野代表、衆院選での政権交代の可能性は「大谷の打率くらいはあるつもり…」
立憲・枝野代表「10年前の民主党政権は経験不足だった。今はしっかりやれますのでご安心下さい。」