【ニトリ会長】岸田文雄氏のパー券150万円購入、林芳正氏のパー券100万円購入

20211218-5

中国とズブズブのニトリ、そして、中国とズブズブの岸田総理と林外相、 当然、ニトリと岸田総理&林外相はズブズブとなるわけです。とても分かりやすいです。 さて、岸田さんはコレをどう言い訳するのでしょう?中国に言うべきことを言って、豪快にちゃぶ台返ししてください…

【関連】---
【動画】ニトリ会長「中国人のDNAは頭が良い。我々日本人の先祖は中国人だと思う。」
岸田総理、さらに「日中友好文化交流促進会」会長代理だった!こちらは名前が消える!

岸田総理のアキレス腱となる政治資金(立岩陽一郎)

企業がパーティー券を購入している事実も収支報告書から確認できる。これは20万円を超える支出については記載が求められているためで、4月25日のパーティーに際しては大手家具チェーンの(株)ニトリホールディングスが150万円を支出している。同社は8月29日にも150万円支出している。

この年の合計は300万円。勿論、これはパーティー券の購入であって企業献金とは位置付けられていない。合法ということになる。しかし、利益率をあてはめて計算すると岸田総理の側にもたらされる利益は270万円だ。こうなると企業献金と何が違うのかわからなくなる。

因みに、この企業からの支援は確認できるだけで2013年にさかのぼる。次の様になる。

2013年 100万円(1回)
2014年 100万円(1回)
2015年 200万円(1回)
2016年 350万円(3回)
2017年 300万円(3回)
2018年 200万円(2回)
2019年 300万円(2回)

7年間で支援額は1550万円。大口の支援者と言って良い。因みに、この(株)ニトリホールディングスの会長の似鳥昭雄氏は米フォーブス誌の調査による日本の資産家50位で8位にランクされている。その総資産は5730億円とされる。

>>> news.yahoo.co.jp