立憲・蓮舫、今度はアベノマスク批判!「さすがに議場が響めきました。1,100万枚不良品。検品21億円」

立憲・蓮舫

あの時、マスクが全く手に入らなかった緊急事態を全く無視して、今さらこんな批判をするのですから、結局「アベガー」したいだけなのでしょう。 その理屈なら、どんな緊急時であっても、将来「無駄」と言われる可能性のあることは何もできないってことです。 それに、アベノマスクの費用より、立憲に払う歳費の方がよっぽど無駄です…

【関連】---
立憲・蓮舫「追及すれば『批判ばかり』の見出し。批判を控えると『鈍い』との見出し。」
立憲・蓮舫「批判は『良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定すること』です。」