立憲・蓮舫、箱根駅伝、自粛無視の沿道応援を「父との思い出、母との時間」と言い訳

立憲・蓮舫

なんだか、必死に思い出話なんか持ち出して美談にすり替えようとしていますが、この状況でそんな手が通用するはずないのに、それでもやっちゃいます。 どうしても「ごめんなさい」が言えないのですね。 「謝ったら死ぬ病」なのでしょうね…

【関連】---
立憲・蓮舫、箱根駅伝をコース沿道で応援か…!? 大会運営の応援自粛要請を無視…。
立憲・蓮舫「本人に取材もしない。表面だけなぞり見出しが目立つ「コタツ記事」。楽、ね。」