【動画】中国、北京五輪で提供されている食事、値段から内容までいろいろひどい…。

20220206-4

ある程度は予想はしていましたが、それ以上にひどいようです。 なぜか日本のマスコミは「北京五輪のここがすごい!」とか必死になってアピールしていますが、 どうも現実は違うようです。「中国の良いところを報道せよ!」との指令が下っているのでしょうか…?

【関連】---
【動画】中国、オランダのTVが北京から生中継していたところ官憲に妨害される!
【中国産の肉食べないで!】ドイツ国立反ドーピング機構、北京五輪参加選手に勧告

>>> ツナサンドが1600円 米国人記者も驚きのオリンピック価格!?

ツナサンドが1600円 米国人記者も驚きのオリンピック価格!?

北京冬季五輪で世界各国の報道陣の取材拠点となるメインメディアセンター(MMC)のレストランで提供されている料理に、驚愕の値段がついていることが、ネット上で話題となっています。

メディアセンターのレストランには、ファーストフード店のようなメニューが並んでいますが、ツナサンドイッチには88元(約1600円)、チャーハンには68元(約1200円)、マオタイ酒にいたっては7880元(約14万3000円)という、一般的な値段をはるかに上回る高額の値段がついています。さらに料理一品につき、20%のサービス料も上乗せされます。

あるネットユーザーは「ワトソンの炭酸水が1本58元(約1050円)だ」と驚嘆し、その後に「くそったれ!」と中国語のスラングを付け足しています。

目ざとい海外のネットユーザーは、このメニューの300mlの青島ビール(78元、約1410円)には、500mlのアサヒビール(38元、約690円)の倍近い値段がついていることも見つけました。

>>> youtube.com

※ ↓ 選手の食事もひどい…