【米国】ルビオ上院議員「日本企業だけがアメリカのために中国の検閲を拒否した。ありがとうソニー」

20220507-4

ちょとしたシーンの削除なら、あるいは中国に配慮したかもしれませんが、後半見せ場のかなりのシーンを削除となれば、 さすがに拒否するしかなかったのでしょうけど、それでもしっかり拒否したあたりはさすがにソニーです。 ルビオ議員はいずれは大統領になるかもしれない大物ですから、ポイント高いですよ…

【関連】---
【米国】映画「トップガン」続編から日本と台湾の国旗が消える!中国に配慮か?
【中国】キアヌ・リーヴスの存在をネットから抹消中!チベット応援イベントに参加したため