共産・志位委員長「首相、『敵基地攻撃』の名称変更に言及。何と姑息な。」

共産・志位委員長

「敵基地攻撃」の名称変更に言及した岸田さんはたしかに姑息ですが、 「敵基地攻撃」が誰が見ても憲法違反の戦争行為であるなら、これは急いで憲法改正しなくてはなりません。 「やられたらやり返す」これは当たり前です。ウクライナ危機で国民の憲法改正の意識はさらに高まっているでしょうし…

【関連】---
共産・志位委員長「首相会見は反省が全くない。反省のない所からまともな打開策は出てこない。」
共産・志位委員長「憲法審査会は開くべきでない。いま国民は改憲など望んでいない。」